ラインナップ
戸建賃貸住宅カシータ ミオ 駿河派|ロハス 駿河派|レンガ 屋上庭園プラスワンリビング  
   
住宅ローン
HOME>住宅ローン

住宅資金計画

   

優雅にお茶を飲みながらレジャープランを立てる生活を送るのか、
額に汗してパートであくせく働く毎日を過ごすのか。

 

住宅ローンの選択一つで、あなたの人生が180度違ってしまうことは、あまり知られていない事実です。
たとえば、住宅ローンを組む時、出せるだけの頭金を準備し、利率の安い変動金利を考えている方の割合が非常に多い事、驚くばかりです。

 

ここで、考えてみてください。


なけなしの資産を全部頭金にした後、世帯主様のご勤務先に万が一のことがあったら?
無理して繰り上げ返済をした後、教育資金が予想外に掛かることが分かったら?
今払っている家賃と同額の返済額でローンを組んだのに、子供ができて共働きの奥様が退職せざるを得なくなり収入が減ってしまったら?
突然、親御さんの介護問題が発生して予想以上の出費が発生したら? etc…。

 

 何が起きるかわからないのが人生です。
だからこそ、あなたにとって正しい住宅ローンを選び、どんな時でも安心・安全でいられる住宅資金計画を立てる必要があるのです。

 


▲pageup

人生最大の買い物

 確かに、ご自身のライフスタイルに合う暮らしを実現するために、家そのものの要素も大切です。
立地や間取り、周りの環境など、細かく調べて満足して、初めてこの家を買うと決めるものです。しかし、何か忘れてはいないでしょうか?
  それこそが、必ずといっていいほど、家とセットになっている、住宅ローンの存在です。
住宅ローンは、あなたが全額現金払いをするというのでない限り、必ず付いてまわるもの。
  家そのものには厳しい選択をするのに、銀行や住宅会社に勧められるまま深く考えずにローンを組んで、後悔する人は予想以上に多いのです。
組み方一つで返済総額が変わる上、変動金利を選択した場合なら、月々の返済額が金利上昇により大幅アップすることも!
  結果 、払いきれずに、せっかくの家を手放さざるを得ないケースさえ出てきています。

  つまり、長期にわたって生活に大きな影響を与える住宅ローンこそが、人生最大の買い物なのです。
▲pageup

ゆとり人生の選択方法

 住宅ローンを組む際、ゆとりある人生を送るために、一番大切なことは目先の支払額の損得ではありません。
 何より必要なのは、リスク回避の考え方です。それは何故なのでしょう。
 住宅資金計画において、何がリスクとして存在するかは、個人個人によって異なります。
 ここでは下の3項目に該当される方を例に挙げ、リスク回避の考え方をご説明しましょう。

・サラリーマン世帯である。
・子供の教育資金が、この先まで必要である。
・イザ、というときに使える資金がない、もしくは少ない。

ご質問 頭金は多いほうがいい?
答え  

 

いいえ。その分ローンの借り入れ金額は減りますが、手元資金が無い状態はリスクが高過ぎます。
世帯主様の病気などの、万が一のアクシデントに備えるためにも、頭金は抑えるべきです。
ただし、この場合にも、ただ頭金を抑えるだけでなく、頭金を抑えても、住宅ローンそのもので困ることがないよう、「住宅ローン」もセットで正しく判断できなければなりません。

 
     
ご質問 繰り上げ返済はしないほうがいい?
答え  

 

いいえ。これも頭金の例と同じく、日常的資金不足はリスクを招きます。
子供の教育資金や親の介護資金など、予定外の高額出費は待ってはくれません。
ただし、これも「繰上げ返済」をしなくても「良い」住宅ローンを選んで、の結論です。

 
     
ご質問 今払っている家賃と同額で、ローンを組んでもいい?
答え  

 

いいえ。家賃は金利と関係なく一定額ですが、住宅ローンは金利の塊です。
安全返済の目安は、年収の何%を支払いに回せるかという年返済率で考えるべきです。
具体的には、年収500万円までなら25〜30%、500万円以上なら35%以内。
これなら、専業主婦にお子様2人といったご家庭で、まず問題はないでしょう。
さらに共稼ぎの場合なら、出産などで奥様が退職される可能性も考慮に入れ、世帯主様だけの収入で年返済率を算出した方がベターでしょう。
(産休のケースは国等からの給付金等が数多くあり、この場合には収入合算でも可能でしょう)

それでも定年後まで支払いつづけるローンを組むのはいやなので短期ローンにしたい、繰り上げたいとおっしゃる方はいらっしゃいます。
もちろん、あなたに相続財産や退職金などが入り、資金的なゆとりが生じ、将来のリスクが回避されたときには、まとめて支払っても良いのです。
要は、遠い将来のために、今、目の前にあるリスクを背負わないでくださいということなのです。
ですから、住宅ローンの組み方に最優先されるのは、リスク回避。
ゆとりある人生を送るためにも、「もしも」に備えたいものです。

 
▲pageup

生命保険の見直し

 現在、住宅ローンのタイプは本当に様々で、約4,800種類あると推計されます。
 その中で自分に合ったローンを選ぶため、適正なライフシミュレーションは不可欠。そして、意外にもあまり知られてはいませんが、  最初に考えるべき項目は住宅購入前と購入後の生命保険の見直しです。

  たいていの住宅ローンの場合、「団体信用生命保険」加入はセットの必須項目で、世帯主様に万が一の事態があっても、 これでローンは完済されて遺族に財産としての家が残ります。

一番困るのは、病気などで長期に収入が無くなる時。
リスク回避のためにも、死亡保険金はもとより医療保障を充実させることがポイントとなります。
つまり、住宅ローンは生命保険と同じもの。この意味で、家を買うことは安心を買うことと同意語なのです。

▲pageup

正しいタイミング

3,000万円の家は、いつ買っても3,000万円です。但しそれは現金で購入する場合の話。
住宅ローンをご利用の場合、ローンに係る金利は常に変動しており、どのタイミングにどのローンを選択するかで、
3,000万円の家に総額いくら支払う事になるのか、考えた事ありますか? その差は大変大きなものとなってしまいます。


例えば、現在住宅金融公庫の『フラット35』(最長35年長期固定金利)の平均金利は3.168%(H18.12現在)。
もし、この金利が1%上がれば、仮に35年の借入・ボーナス払いなしの場合、月々払いで17,586円、支払総額では738万6,205円も多く支払う事になってしまいます。
そう、タイミングが違うだけでこんなにも差がでるのです。


どの住宅ローンを選ぶか、金利の動向はどうなのか、どのタイミングが良いのか…。 選択次第で、あなたの今後の生活に大きく影響する事でしょう。
こんな時は専門の知識を持つ『資金計画アドバイザー』に相談し、正しいタイミングをはずさないようしたいものです。


 

 

▲pageup

 

copyright(c)2007 All Light EcoHouse

静岡県牧之原市細江1142-2 株式会社エコハウス